サプリメント

サプリナビ

サプリメント依存症に注意! 食事の大切さを痛感。

サプリナビ » 中性脂肪 » 

中性脂肪値が高くなる最も多いの原因は日常上の生活習慣病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中性脂肪値が多くなる原因は

 

  • 食事の過剰摂取によるエネルギーの摂りすぎ
  • 運動不足によるエネルギー消費不足

 

主な原因による脂質異常症です。

 

中性脂肪やコレステロールはサプリメントでコントロール?薬に頼らず下げる方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中性脂肪やコレステロールを薬を頼らずに下げる為の

 

3つの方法を紹介したいと思います。

中性脂肪が高い20代はサプリメントで対策?体をいたわりバリバリ仕事しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015072901中性脂肪が高いというと中高年の太った方という印象を持っているかも知れません。

 

しかし、20代の若い世代でも中性脂肪が高く体型は痩せ型だという方も意外と多くいらっしゃいます。

 

  • 生活習慣病
  • 脂肪肝
  • 糖尿病
  • 脂質異常

 

など、中性脂肪が原因の病気はたくさんありますから、20代でもしっかりと改善していかなくてはなりません。

血液の中性脂肪を下げるサプリメントはDHAやEPAの摂取がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中性脂肪はメタボや肥満の原因になるだけではありません。

 

コレステロールと共に中性脂肪が血液中の多く存在すると、高脂血症になってしまいます。

 

高脂血症とはその名前の通り血液中の脂質の量が基準値を超えて多い状態を意味します。

コレステロールや中性脂肪を下げるサプリメント?DHAを摂取には「きなり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中性脂肪が増えると、

 

  • 動脈硬化
  • 脳梗塞

 

などのリスクを高めます。

 

中性脂肪が高い状態は中高年以降に多く見られたのですが、近年は20代でも中性脂肪が高い方が増えています。

 

その理由は、

 

  • 食の欧米化
  • ファストフード
  • スナック菓子
  • 加工食品

などを多食するようになったことです。

中性脂肪を下げるサプリメントには「きなり」がおススメ?女性にも飲みやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脂っこい食事やイタリアンなどが大好きな私は、人間ドッグで中性脂肪が高いと言われてしまいました。

 

対策をしようと調べてみると、DHAやEPAという魚に含まれている成分が役に立つとありました。

 

実はこれまでも脳の栄養のためにDHA系のサプリメントは試していたのですが、中性脂肪が低い状態になるまでには至らなかったようです。

高脂血症には中性脂肪を抑えるサプリメントのイマークをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


高脂血症には、血中中性脂肪の低下が必要です。

 

脂っこい食事ばかりしていたり、

 

揚げ物が好きだと

 

あっという間に血中の中性脂肪は上昇してしまいます。

 

最後には高脂血症になってしまうのです。

 

 

では、

 

中性脂肪を抑えるのに最適なドリンク型サプリである、

 

イマークについてみてみましょう。

中性脂肪と悪玉コレステロールの値をサプリ飲んで下げることが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


健康診断で中性脂肪と悪玉コレステロールの値が基準値を超えてしました。

 

産業医から生活習慣の改善をし再検査

 

3ヶ月後に経過観察でもう一度血液検査をすると通告されました。

 

一度経過観察にかかると数値が下がるまで延々と通知が来るので、早く下げなければなりません。

 

中性脂肪を落とすにはサプリメントの活用も効果的?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


体内の中性脂肪が高くなってしまうと血液をドロドロにしてしまって、様々な健康被害を及ぼしてしまいます。

 

糖尿病や高血圧などの生活週間病にかかりやすくなり、

 

  • 動脈硬化
  • 脳梗塞

 

などのリスクも高まってしまいます。

 

中性脂肪は体にとっては必要なものであり、体内の糖質がなくなれば中性脂肪を燃やしてエネルギー源として、生命維持に役立てられます。

 

しかし、一定値を超えて中性脂肪が高くなってしまうと、健康に良くない影響を与えてしまいます。

中性脂肪を低い値にするサプリメントはトクホの大豆たんぱくのチカラがおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中性脂肪を低い値にするといわれているのが大豆です。

 

大豆にはタンパク質の一種βコングリシニンがタンパク質の20%程度含まれています。

 

βコングリシニン5gを20週間摂取し続けてもらった実験では内臓脂肪が5%低下していることが確認されました。

カテゴリー
最近の記事
人気の記事
アーカイブ
Twitter
ブログランキング
今日は何位???
にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
にほんブログ村
ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
ブログランキング ブログランキング
最近のコメント
メタ情報